KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

古平町

furubira
今回の撮影は古平郡古平町。平成の大合併に加わらなかったためか一郡に一町。文治元年藤原泰衡が源頼朝に滅ぼされ、その残党が蝦夷地に逃れて定住したのが町の始まりだという。享保期には既に「古平」という記述があるそうで古い町。江戸時代は鰊漁で栄え、嘉永期には西蝦夷地一位の漁獲高があったそうだ。

小樽駅前から美国行きバスに乗った。古平新地のバス停で降り、丸山岬のほうへまず向かった。丸山岬への道は立ち入り禁止になっていたので、漁港へ戻る。古い家屋がまだ残っており、保存されるわけでもなく空き家になっているところもあった。

漁港をぶらぶらして古平川河口へ。短いトンネルを抜けるとすぐ脇に番屋がある。自転車置き場という看板があったが、番屋のなかには入れない。近くは家族旅行村の海水浴場になっており、泳いでいるひとたちがいた。

_K0_1418_K0_1428_K0_1584