KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

古平町群来町

_K0_1165
今回の撮影は古平町群来町。西蝦夷日誌には「人家多し」とあり、永田地名解には「往時より鯡の来群る処なり。今は来群村と称す」とあるそうだ。群来町のバス停を降りて、近くを見渡しても人が住んでいそうな家はなかった。近くの番屋跡?を撮影していると上からひとが降りてきた。山菜採りのひとたちだった。熊よけの鈴と赤い布をつけていた。その後、海岸のほうに降りて厚苫岬のほうへ。途中に使われていない漁具小屋と袋澗?の跡があった。船着き場も使われている様子がなかった。さらに先へ行くと立ち入り禁止の柵があった。厚苫岬は岩だらけで、西の河原のようだった。自宅に戻って人口統計を調べてみたら、群来町の人口は4世帯8人とあった。

_K0_1283_K0_1218_K0_1242