KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

2018 J1 第31節

J1 第31節 川崎 3 – 0 柏

天皇杯準々決勝山形戦でソンリョンが一発退場となり、今節は新井が先発出場。大島も怪我明けでベンチスタート。山形戦はふわっとした試合の入りだったのでどうなるかと思ったけれど、今日は気合いが入っていた。家長の技ありシュートで先制すると珍しく?セットプレーから谷口がヘディングで決めて2点目。その後川崎はいつも通り流し気味だった。

味柏はいつもと違う3バックというか5バック。山形のように割り切って守備に徹してカウンター狙いかと思いきや中途半端にパスをつないできてピンチを作っていた。守田のパスミスからボールを奪われ、伊東がシュートは放つもポストにあたりノーゴール。GK新井のよく分からないクリア?ボールをクリスティアーノが空振りしてくれて無得点。今節は運が良かった感じがする。最後、阿部が知念のシュートのこぼれ球をループで決めて3点目。小林が顔面に相手DFの肘?が入って途中交代してしまった。

広島が磐田に負けて勝ち点差が7になり、次節川崎が勝つとリーグ2連覇。カップ戦になると勝負弱さが目立つのにリーグ戦は強い川崎。降格争いのほうは渾沌としていて予想がつかない。こんな勝ち点が高い降格争いは今までなかったと思う。今はJ2へ降格すると1年でJ1復帰するのも難しい。