KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

2018 J1 第32節

J1 第32節 C大阪 2 -1 川崎

リーグ連覇したらもう少し感動するかと思ったけどそうでもなかった。昨季は最終節ホームで勝って初優勝を決めたので「秀樹感激!」といった感じだった。贅沢と言えば贅沢な話。負けようがなにしようがリーグ優勝したのだからめでたい。そのうちジワジワと喜びがわいてくると思う。

知念がPKを獲得して、家長が冷静に決めて同点。今日の川崎は勝ちに行ったのけれども、斉藤学が不用意にボールを失い、カウンターをくらって最後守田の足にシュートがあたり、コースが変わってそのままゴールへ。試合終了して、川崎の優勝は広島の結果次第となり、広島が敗れてのでリーグ連覇。なんともすっきりしない優勝決定だった。

最近、川崎はC大阪に勝てない。これがカップ戦の決勝戦だったらまたかとなったところ。今季は2チーム分の補強すると言う話だったが、残念ながら補強した選手が活躍することがなかった。負けるときのパターンがいつも同じで相手も相当対策してきている。芝を長くしたり、ピッチに余り水をまかないとか戦術的な部分ではないところにも現れている。今季優勝できたのは広島が終盤失速したのが大きい。来季は本当に2チーム分の補強しないと無冠になるような気がする。