KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

FUJI XEROX SUPER CUP 2019

川崎 1 – 0 浦和

J1リーグ王者と天皇杯王者が対戦する富士ゼロックススーパーカップ。昨年川崎はJ1リーグ王者としてC大阪と対戦して敗戦し、天皇杯もルヴァン杯も結局敗退。カップ戦に弱いフロンターレと言われ続けて、今年はどうなるかと思ったがちょっと違うフロンターレが観られた。前線に高さのあるダミアンが入って攻撃のバリエーションが増えた感じだ。今までドン引きされると攻撃が停滞してしまった。今日の試合では高いクロスを入れたりして、ダミアンの高さを使おうとする意図があった。何せ川崎はチビッコMFが多く、選手交代で何か変わるということが少なかった。

エウシーニョが抜けた右SBにはマギーニョが入りそこそこフィットしている感じがした。まだ自重しているのかサイドを上がる回数は少なかった。後半には馬渡が交代で入り、どんな攻撃参加があるかと観ていたけれど出場時間が少なくてよく分からなかった。小林悠はやはり決定的な場面でシュートを外していた。小林悠がもう少し決めてくれればねえ。ということで川崎は初めてカップ戦のタイトルを獲得。あまり仕上がりが速いとリーグ戦後半で失速しそうで恐いけれど。

浦和がまだまだ仕上がっておらず、キャンプ中の練習試合も1試合だけということで連携もいまいちだった。シュート数が1というのはちょっと意外な感じがした。