KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

2019 J1 第2節

川崎 1 – 1 鹿島

中村憲剛のFKで先制ゴールを奪い幸先良いと思ったら、ロングボール一発で伊藤翔に決められ同点。この後、川崎にチャンスが来ても悉くシュートが決まらずホーム2連戦で2引き分け。先発した馬渡はやはりエウシーニョと比較したら戦力ダウンを免れず、まだまわりがダミアンを使えていない。いまの川崎には速い攻撃がないので相手に引かれると難しい試合になる。シュート数18本で1得点とは効率が悪すぎ。

結局、ダミアンを下げて阿部を投入。昨季のメンバーにエウシーニョがいない布陣になってもミスが多くて得点できない。知念、登里の途中交代もちょっと遅い感じ。守田、家長、小林悠の調子がいまいち。さすがに3年同じパターンだと相手も対策してくるのでなかなか勝てない。今までと違う攻撃のためにダミアンや山村を補強したんだろうけど今のところ何も変わっていない。山村はまだ試合出場も無い。ダミアン以外のブラジル人選手はベンチにもおらず、何のために補強したんだろう。まあ今のままなら4冠は無理そうな感じがした。