KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

小平町鬼鹿千松


小平町千松へ行ってきた。高速バスを力昼で降りて、鬼鹿三区方面へひたすら歩く。久しぶりに訪れた千松地区は国道沿いに何軒か住んでいるひとがいたが、沢のほうは廃屋ばかり。火事があった家は瓦礫がそのまま残っていた。何かの工場だった建物も屋根が崩落して鉄骨だけになっていた。ビニールハウスもビニールの張り替えが途中のままになっていた。帰りに小平町の道の駅へ寄ってたこの燻製を買って札幌へ戻った。