KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

2019 J1 第17節

磐田 1 – 3 川崎

前半磐田のほうがチャンスが多かったけれども、なぜかシュートがことごとく外れ無得点。川崎のほうは前半シュート2本だけで、小林悠のシュートもGKの正面だったけどたたきつけたので入ったような感じ。後半も川崎はミスからピンチになるケースが多かった。登里の守備はちょっと軽すぎ。監督は外国人選手をあまり使う気がないので、SBは登里で固定なんだろうなあ。

川崎は脇坂が2点目を取ると、いつものように省エネサッカー。綺麗に崩したときはオフサイドとなり得点を奪えなかった。磐田は後半もシュートが決まらなかった。惜しいシュートが多かったのに不思議だった。磐田が前掛かりになったところをカウンターから知念が決めて川崎が3点目。その前に知念がGKと1対1となったのに決められなかった。アディショナルタイムの最後にまた失点して試合終了。結局川崎は5本のシュートで3得点。

磐田は敗れて最下位に転落。試合後、名波監督が成績不振を理由に辞任を発表。川崎戦の結果によらず、監督を辞めることを決めていたらしい。後任は、鈴木秀人ヘッドコーチ。管理人のようなオールドJリーグファンはあの磐田がまさかという感じ。