KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

2019 J1 第19節

東京 0 – 3 川崎

川崎の予想外?の完勝でびっくり。ホームでもこれくらいの戦いが出来ればと思った次第。川崎は前節から中盤の選手を4名変えて思い切ったスターティングメンバー。鳥栖戦は攻撃のテンポが悪く、シュートが決まらず無得点の引き分け。まあ、このままでは首位東京とは戦えないといったところか。

川崎は前からプレスを掛けて、東京のカウンターを消していた。川崎のピンチらしいピンチは前半に一度あった位。ジェジエウはスピードがあって人にも強く、なぜシーズンはじめから使われなかったのかと思うくらいの活躍。セットプレーから小林悠がヘディングシュートを決めて先制ゴール。

最近の川崎は、先制すると流し気味なっていたけれども、この試合に関しては最後まで得点を狙っていた。2点目は、久しぶりに川崎らしい得点だった。あのくらい速い攻撃が出来れば中を固める相手でも得点できる。3点目は斉藤学がGKと1対1になり、シュートを弾かれたあと相手のクリアミスから阿部が見事なミドルシュートを決めたもの。

鳥栖戦後、どのような練習をしたのか分からないが、今年一番の試合内容だった。いつもこの位の内容だとリーグ3連覇もあり得る。それにしてもレアンドロ・ダミアンはどうなるのだろうか。他へ移籍するのだろうか。