KAZUHIKO KIKUCHI BLOG

2019 J1 第16節

広島 3 – 2 川崎

ACL出場チームで残っていたリーグ戦第16節の試合。この試合に勝てば川崎は首位と勝ち点1差になる。東京に快勝し、大分戦も3得点だったので期待していたが、今季ワーストと言える試合内容。ターンオバーしたときに上手くいかないから、ACLもカップ戦もタイトルに無縁なのだろう。守田が全く調子が上がらない。ボールを持っても迷ってばかりで、守備も緩い。家長も動きが悪く、両SBの守備がダメといった具合で勝てる要素がなかった。今季はもう補強しないのかもしれないが、SBの補強は必要なのでは。エウシーニョの抜けた穴が大きい。

広島に3点目が入った時、試合を見るのをやめようかと思った。全部の試合に勝てる訳でもないしと思い直し見続けていたら、川崎が2点取ってまだ時間が残っていた。同点いけそうかという期待は、もろくも崩れて今季2敗目。長谷川は両足つって動けなかったし、最後低いクロスばかりでレアンドロ・ダミアンを生かせなかった。この敗戦で川崎は4位に。次節はホームで松本山雅戦。